お知らせ

プラチナとホワイトゴールドの違い

 

ブライダルリングの素材はプラチナ、ゴールドが主となっています。

その中でもプラチナとホワイトゴールドは似たような色味で、違いが分かりづらい方もいるでしょう。

 

 

今回はその2つの素材の違いをご紹介します!

 

まず、プラチナとホワイトゴールドは全く異なる金属です。

 

プラチナが内面からの白色であるのに対し、ホワイトゴールドは元々のゴールドに白色の他の金属を混ぜて白く変えた合金であり、プラチナとは色味も重さも違います。

ホワイトゴールドはそのままでは黄またはグレーがかっているため、ほとんどのジュエリーがより白く見えるようにコーティングを施しています。

コーティングを施していても、元々の色がゴールドなので完全にプラチナと同じ色味にはなりません。(コーヒーにミルクを入れても真っ白にならないのと同じ)

コーティングは時間が経つと剝がれ、変色したように見えることがあります。

 

それに比べて、プラチナは化学的に安定した貴金属で、他の貴金属と比べても変色・変質しにくいので錆びる心配もありません。

また金属アレルギーを起こしにくいのでブライダルリングに人気の素材です。

 

素材やデザインでお悩みのことがございましたら、お気軽にご相談ください(^^)

 

千葉県のISSHINDO成田

茨城県のISSHINDOつくば

 

お気軽にお問い合わせくださいませ。