お知らせ

婚約指輪(エンゲージリング)とは?

婚約指輪(エンゲージリング)とは?

婚約の記念に男性から女性に贈る指輪です。最愛の男性から贈られる愛の証、女性の憧れとして、古くは紀元前1世紀の古代ローマから続いている習慣です。

結婚指輪とは違い、センターにダイヤがあしらわれることが多く、婚約指輪のセンターに使われるダイヤモンドには、「永遠に輝きを失わないように」という意味があり、まさに永遠の愛を誓うにふさわしいブライダルリングです。

左手の薬指に着けるのは、心臓と直接血流が繋がっていると考えられていた左手の薬指に着けることで「心の繋がり」「心に愛情が伝わる」証とされていたからです。

プロポーズというと「結婚してください」の言葉とともに小さな箱を開けると婚約指輪が入っているというシチュエーションを想い描く方が多いのではないでしょうか。「婚約」とはふたりが「結婚の約束をする」ことを指します。

 

婚約指輪

 

生涯の財産となる

一般的に婚約指輪とは、プラチナやゴールドなどの貴金属を使用し、メインの宝石としてダイヤモンドが留まった指輪を指します。昔は、それらが生涯ふたりの「資産」になると考えられてきました。しかし、実際に手放す際は、購入した金額には遠く及びません。

では、ふたりにとって全く価値がないのかというと、決してそうではありません。貴金属やダイヤモンドは不変や腐食をしないので、お子様やお孫様へと代々引き継ぐことができます。デザインやサイズをリフォームしながら身に着けていく、1つの指輪に込められる家族の想いと歴史は、金銭的な価値以上の「財産」になるといえます。

 

ダイヤモンドプロポーズ

 

最近では、新しいかたちのプロポーズ!も人気です。婚約指輪用の「ダイヤモンド」のみを男性が購入してプロポーズする方法が多くなってきました。プロポーズが成功したら、そのダイヤモンドを持って女性とふたりで指輪のデザインを選びます。女性にとって「サプライズ」と「自分の好みを選べる」嬉しさがありますし、男性も「サイズが分からない」「デザインを気に入ってもらえるか心配」という不安も解消できますよ!

 

プロポーズダイヤモンド

(Will you Marry Me?結婚してくれませんか?のメッセージが入ったおしゃれなプロポーズケース付きです。)
 

婚約指輪は不要と判断する前にご相談ください。

婚約指輪は大きなダイヤモンドが留まるデザインが多いため、身に着けるシーンはお出かけやパーティーの際などに限られてきます。近年では「高価だし日常的に使用しないのだからいらない」というカップル様も見受けられるようになりました。しかし、大きなダイヤモンドが留まるデザインだけが婚約指輪ではありません。ISSHINDOでは無理に大きなダイヤをお勧めはしておりません。

毎日身に着けていられるように小さなダイヤモンドをお留めしたり、ダイヤを埋め込んだ指輪なども御座います。婚約指輪のダイヤモンドをご提案する場合、ダイヤモンドのサイズ感とご本人様の手指とのバランス、お客様のご予算を考慮してお勧めいたしております。店舗側の利益追求型の販売はいたしませんのでご安心ください。また「ご年齢を重ねても指のサイズは多少変わりますが手の大きさは、ほとんど変わりません」ので「先々も使い易いサイズ」のダイヤモンドを選ばれることをお勧めいたします。

婚約指輪は単なるおしゃれのためのアクセサリーではなく意味が込められた指輪であると認識して、婚約指輪は必要か不要かを考えてみてはいかがでしょうか。

 

成田婚約指輪

 

(エンゲージリングのデザインはシンプル、アンティーク風、ハワイアンジュエリー、ディズニーなど幅広いラインナップでお選びいただけます。)

婚約ネックレス

婚約ネックレス(エンゲージネックレス)も喜ばれております。

ISSHINDOでは最愛の気持ちを贈るプロポーズを全力で応援させていただきます。

その他、即日お持ち帰りできるプロポーズリングや、プロポーズアイテム、プロポーズのご提案なども承ります。

 

ダイヤモンドについてはこちらからどうぞ

プロポーズについて詳しくはこちらからどうぞ

エンゲージリングのデザインはこちらからどうぞ

 

※エンゲージリングの取り扱いブランドは店舗によって異なります。